延山ペガサスVBC
『父母会会則』


第1条(名称)
本会の名称は,延山ペガサスVBC父母会とする。

第2条(目的)
本会は,延山ペガサスVBCの活動に関わる諸事項を話し合い、クラブの活動を円滑に進めるための役割を担うことを目的とする。

第3条(会費)
本会の会費は一月500円とし、3ヶ月分を定時に集金する。

第4条(活動)
主な活動としては,以下のとおりである。

(1) 大会参加時等には、当日の選手の出欠確認や引率の手配等、当日の引率担当者及び会場責任者に協力し、また,引率担当者または会場責任者に不都合が生じた場合は、これに代わって選手の引率を行うものとする。
(2) 練習時や大会会場での会場設営及び荷物の整理、接待準備等、クラブの活動に協力する。
(3) 審判講習会等へ参加し、チームの帯同審判としての役割を担う。
(4) 試合の応援等を通して、チームとしての団結力を図る。
(5) その他,クラブの活動を円滑に進めるために必要な活動。

第5条(役員)
本会は,本クラブ員の保護者をもって組織し、以下の役員を置く。
会長1名、副会長1名、会計1名、広報1名、調整会議責任者1名。

(1) 会長は本会の会務を総括し、チーム代表者を兼任する。
(2) 副会長は会長を補佐し、会長が事故あるときはその職務を代理する。
(3) 会計は、本会費及びクラブ費の会計を管理し、出納の業務を担う。
(4) 広報は会員に対し、通常の報告及び将来に向けた連絡を延滞なくメーリングリスト、会報等の手段にて連絡を徹底する。
(5) 調整会議担当者は月ごとの体育館予約状況を把握し、決定次第監督及び会長に延滞無く報告する。

第6条(任期)
役員の任期は1年とする。ただし、再任は妨げない。
(1) 会長の任期に関しては、次年度への円滑な引き継ぎを考慮して毎年1月に開催される品川区新人戦が終了した時点で、速やかに総会を開き、その場において次期役員を選出した後の任期終了日までの期間とする。
(2) 各役員の期間はいずれも毎年4月1日から3月31日までとする。
(3) 補欠により選任された役員は前任者の残任期間とする。

第7条(会議)
本会の会議は,総会及び臨時の父母会とする。
(1) 総会及び臨時の父母会は、会長が招集する。
(2) 総会は,延山ペガサスVBCの活動に関わる諸事項を審議し、年度始めと秋季大会前及び品川区新人戦後の3度行う。
(3) 会長は必要に応じて臨時の父母会を開催することができる。
(4) 総会及び臨時の父母会での決定事項は,参加者の人数に関わらず効力を有する。よって、会を開催する際には、会長は、開催の意図が会員に伝わるよう努めるとともに、欠席する会員においては委任状の提出を促し、会議の成立を期さなければならない。

第8条(経費)
ペガサスVBCの活動に関わる諸経費は、延山ペガサスVBC部員の保護者からの父母会費をもってあてることとする。
(1) 父母会費については,総会の場において決定され,その用途としては、運営に必要な消耗品の購入等にあてることとする。
(2) 年度当初に必要な団体保険への登録料(更新料含む)やスポーツ障害保険料に関しては別途徴収することとする。
(3) 合宿費用及びユニホーム等の備品購入関係については,年間に特別枠を徴収し、特別会計枠を設けて年次計画を立てて購入していくこととする。
(4) 都大会以上の大会に参加が決まった場合は速やかに臨時の父母会を開き、参加体制や交通費について協議する。尚電車代などの交通や宿泊費については,参加者から別途徴収することを基本とする。
(5) その他必要が生じた場合は,臨時の父母会で審議することとする。

(附則)
この会則は,平成17年4月1日から施行する。